京都から東海地方に転校。教師『皆で正しい日本語を教えてあげましょう』生徒「はい!」俺「…」→結果…

未分類

589: 名無しさん@おーぷん 2018/04/05(木)23:00:43 ID:SdY
小5の時に、
父の仕事の都合で京都市から東海地方の某市に引越し、
もちろん学校も転校した。
 

夏休み中の転校だったため、9月の始業式の日、
漫画みたいに教卓の横に立たされて
「転校生を紹介します」というのをしたんだけど、
バリバリ京都訛りの俺の自己紹介が終わった後、担任に
「今聞いてもらった通り、○○君は正しい日本語が話せません。
皆で正しい日本語を教えてあげましょう」と言われた。

そこから担任主導の発音矯正開始。
やたらと授業で回答を言わされたり
教科書読まされたりし、
毎回
「発音が違います。
正しい日本語を話すようにして下さい」
とされた。

担任がそんな調子だから、クラスメイトも
「先生、○○君が正しい日本語喋ってません!」
と言うようになり、
中でも特に面白かったらしい
「テレビ」と「地下鉄」の発音をネタにして
クラスメイトに絡まれるようになった。
いつしかクラスの違う同級生どころか
面識のない下級生にすら
「『テレビ』って言ってww」とからかわれるように。

上記の状況を親に話し、学校に行きたくないと訴えたが、
「子供が学校に行ってないなんて
周囲に知られたら恥ずかしい、
お前が発音を直せばいいだけ」と親に言われてしまい、
以来、クラスメイトなど周囲が話してる言葉の発音を
必死に聞いて覚えて一人で練習した。

約1年経った小6の夏休み前には
関西訛りがたいぶ無くなり、
地元の方言も覚えた結果、
担任からネチネチ言われることも減り、
クラスメイトからからかわれることもなくなって
友達もできたが、それまでは本当に辛かった。

もう30歳手前で今は関東に住んでいて、
所謂「標準語」を話しているつもりだが、
未だに若干関西訛りがあるらしく、
話している人から「関西出身ですか?」と聞かれると、
当時の事を思い出してドキッとする。

職場の新人さんが関西出身で、

 

 

管理人ゆいのLINEです☆宜しくお願い致します☆(ゝω・)v

↓↓  続きはこちらから ↓↓

友だち追加