【実話】恋と喜びをを知らない奥様は…

今年のネタ, 話題のニュース, 面白ネタ2chまとめ, ライフスタイル

実話になりますので、登場人物の名前は仮名とさせて頂きます。ご了承下さい。

アをノックする音がして、私はホテルのソファから立ち上がる。

 ドアののぞき穴から訪問者の顔を確認して、私はドアを開けた。執事の青山だった。飛びつきたい衝動を押さえつつ、笑顔で迎え入れる。

「奥様、お待たせいたしました。先ほど、旦那様を成田にてお見送りいたしました」
「ありがとう、青山。……主人は、ひとりで発ったの?」

 青山は一瞬迷って、首を振った。そう、と私は頷いた。主人が私に告げた海外出張というのは、やはりただの浮気旅行だったみたいだ。

 そういう私たち夫婦は、ほんの数回しか床を共にしなかった。主人は私より30歳以上も年上で、いわゆる政略結婚だった。一緒に過ごせば愛情が湧くだろうと思ったのは甘かった。主人は地位と金以外私に興味を持っていなかったようで、すぐ別の女性宅へ泊まり歩くようになった。

 私はただの若くて見てくれが良いだけの、妻と言う名のお人形だった。

「いいのよ、今さら気にしてないわ。ちょっと確認しただけ」

 眉を曇らせた青山に私は笑いかける。青山はそっと私の手を取ると、うやうやしく口づけた。

「奥様、よろしいのですか?」
「青山、怖気づいたの?」
「祖父の代からお仕えしてきた旦那様を、私は初めて裏切ります」
「ありがとう。どうか、私を救って」

 青山は震える腕で私を抱きしめた。私も青山の背中に手を回す。人肌の暖かさに涙が滲んだ。

 青山と私は歳が近い。執事という仕事柄、私たち夫婦の事情もよく知っていた。夫が妻を放置して、別の女と遊び歩き、妻は一人お屋敷に軟禁されているような状態なことも。主人は、自分は自由にしているけれど、私が自由気ままに過ごすことは許さなかった。実家に帰ることも、友だちと会うことも。

 一人寂しくお屋敷にいる私に、青山は気を使って、良くしてくれた。それは、いつの間にか奥様と執事の関係を越えていき、主人の目を盗んで、想いを交わし合うようになっていた……。

「お慕いしております」

↓↓ 続きはこちらから ↓↓