【いいね…】中学の鬼教師が教え子と交わり、母親とも交わった結果…

今年のネタ, 可愛い, 芸能, 話題のニュース2chまとめ, アイドル, ライフスタイル, 可愛い女子

母親と●リンして、教え子にはわ●●つ?…

そんな山口メンバーも驚愕の鬼教師が存在しておりましたのでご紹介致します。

いたずらしたくなる若い女の子達の画像も用意しておりますので

記事と併せてお楽しみ下さいm(_ _)m

 

教え子にワ●セ●、母親とはフ●ンでニンシン!中学教師あきれた三者面談

 「被害者の母親と『不適切な関係』を持っていたのは事実」。乗用車内で教え子の中学3年の女子生徒の下半身を触ったとして、松山市の市立中教諭が8日、強制わいせつ容疑で逮捕された。松山市教委は逮捕後の会見で謝罪したが、その場で耳を疑うような事実も飛び出した。教諭とこの生徒の母親が●リン関係となり、母親をニ●シンさせたというのだ。リーダーシップを期待された熱血教諭をめぐる不祥事の連鎖に市教委は「前代未聞の事態」と困惑を隠せない。大阪ではトウサツしようとした行為をとがめられた中学教諭が、小型カメラのメモリーカードをかみ砕いて飲み込むという事件も。教諭による「不適切な行動」は後を絶たない。(細田裕也)

 ■きっかけは三者面談

 逮捕されたのは、同市立中教諭、岡本直樹容疑者(52)。勤務する中学校では野球部の監督も務め、「学年主任を任されるなど統率力にたけていた」(市教委)との評価の一方、「がんばれよ」と励ましの意味を込めて生徒の肩をたたくなど、後に問題となる“スキンシップ”を重視する一面も少なからずあったという。

 一連の問題は、被害者となった女子生徒が今年1月下旬、保健室で養護教諭に心に抱えた重大な疑念を打ち明けたことから始まった。

 「お母さんと先生の関係が怪しい」

 岡本容疑者にはよく相談を持ちかけるなど信頼を置いていたが、母親とフリン関係にあるのではと疑っているというのだ。

 妻帯者の岡本容疑者がなぜ、教え子の母親と「不適切な関係」を持つようになったのか。

 松山市教委によると、当時中学3年だった女子生徒の進路をめぐり、岡本容疑者と親子を交えた三者面談がたびたび行われていた。その流れで岡本容疑者と母親が2人だけで校外で会う機会が増え、フリン関係に陥ったという。

 市教委の聞き取りに対し、岡本容疑者と母親は不適切な関係について認めている。また、母親は岡本容疑者の子をニンシンし、その後、チュウゼツしたとも説明したという。

 ■車中で生徒に何を

  

 

大変お待たせ致しました!

気になる記事の続きとムフフな画像は

次のページに大量に用意させて頂きましたm(_ _)m

最後のページに過去未公開の超お宝画像を用意させて頂きましたので

最後までごゆっくりお楽しみ下さい!

↓↓  記事の続きはこちらから ↓↓