韓国のテレビ番組が完全に日本を超えた!

今年のネタ, 可愛い, 芸能, 話題のニュース2chまとめ, アイドル, ライフスタイル, 可愛い女子

 

韓国の過激なテレビ番組の画像を集めました!

平然と開放的な女性をガッツリ写していた頃の日本が懐かしいです(笑)

次のページより韓国の過激番組の画像を大量に用意させて頂きましたので

最後までごゆっくりお楽しみ下さいませm(_ _)m

 

  
放送倫理・番組向上機構
創立者 日本放送協会
日本民間放送連盟 など
団体種類 任意団体
設立 2003年7月1日
所在地 〒102-0094
東京都千代田区紀尾井町1-1
千代田放送会館
起源 放送番組向上協議会
放送と人権等権利に関する委員会機構(BRO)
主要人物 濱田純一(理事長)
活動地域 日本の旗 日本
ウェブサイト https://www.bpo.gr.jp/
テンプレートを表示

放送倫理・番組向上機構(ほうそうりんり・ばんぐみこうじょうきこう、英: Broadcasting Ethics & Program Improvement Organization, BPO)は、日本放送協会(NHK)や日本民間放送連盟(民放連)とその加盟会員各社によって出資、組織された任意団体である。理事会、評議員会、事務局と3つの委員会(放送倫理検証委員会、放送と人権等権利に関する委員会(放送人権委員会)、放送と青少年に関する委員会(青少年委員会))によって構成されている。

ロゴマークは、錯視図形『ルビンの壷』の要領で、BとPの文字で横を向いた人の上半身を浮かび上がらせたものである。

目的と立場

BPO規約第3条「目的」において「本機構は、放送事業の公共性と社会的影響の重大性に鑑み、言論と表現の自由を確保しつつ、視聴者の基本的人権を擁護するため、放送への苦情や放送倫理上の問題に対し、自主的に、独立した第三者の立場から迅速・的確に対応し、正確な放送と放送倫理の高揚に寄与することを目的とする」と掲げている[1]

2007年6月20日衆議院決算行政監視委員会において、民放連の広瀬道貞会長(当時)は「放送事業者は、いわば、BPOの判断というのは最高裁の判断みたいなもので、ここが判断を出したら、いろいろ言いたいことはあっても、すべて守っていく、忠実に守っていく、そういう約束の合意書にNHK及び民放各社がサインをしてBPOに提出しております」と述べている[2]。審理にあたっては当事者双方の意見聴取を行い、主張の正当性についての証拠確認、証人尋問、補充調査等は行わない。

2007年12月4日衆議院総務委員会において、BPOの飽戸弘理事長(当時)は「BPOの役割は、番組を監視して罰するところではないということもやはり国民の皆さんにしっかりと、あくまでも放送事業者自身が自主的にさまざまな問題を解決していく、そのためにBPOは応援していく、視聴者と放送局の仲介をするところであるということを国民の皆さんにも周知して知っていただくということが必要だと思います」と述べている[3]

  

大変お待たせ致しました!

ムフフな画像は次のページに大量に用意させて頂きましたm(_ _)m

最後のページに過去未公開の超お宝画像を用意させて頂きましたので

最後までごゆっくりお楽しみ下さい!

↓↓  画像の続きはこちらから ↓↓