【怖すぎ…】この日本一くのいちの”色仕掛け”に引っ掛かったら…

今年のネタ, 可愛い, 芸能, 話題のニュース2chまとめ, アイドル, ライフスタイル, 可愛い女子

女忍者のセクシー画像を集めました!

次のページに画像を大量に用意させて頂きましたので

最後までごゆっくりお楽しみ下さいませm(_ _)m

くノ一

 

くノ一(くのいち)は、元来は女を指す隠語であるが[1][2]、1960年代以降の創作物においては女忍者を指す言葉として広まっている。

山田風太郎の時代小説『忍法帖』シリーズをはじめとして[3]、くノ一は小説、テレビドラマ、映画、漫画など多数の創作物に登場するが、三重大学山田雄司、吉丸雄哉らによる近年の研究によれば男性と同じように偵察や破壊活動を行った女性忍者の存在については史料に記録がない[1][2]

吉丸雄哉の調査によれば、創作物においてくノ一が女忍者の意味に用いられるようになったのは山田風太郎の忍法帖シリーズの影響が大きい

江戸期における「くノ一」の語

 

語源

く ノ 一

くノ一が女を指すのは、女という漢字を書き順で一画ずつに分解すると「く」「ノ」「一」となるためであると思われる[1]

江戸期における意味

江戸期には「くノ一」は「女」を指す隠語として使っており、女忍者の意味はまったくない[4]

用例

江戸期には「くノ一」の用例が少ない。これは当時「女」という字は「くノ一」に分解できる楷書体ではなく、くずし字の草書体で書かれる事が多かったからかもしれない[1]

古い用例

くノ一の古い用例として以下の句

香炉峰くノ一籠る簾(すみ)のひま— 俳諧点者遠舟(1653~)の自薦句集『遠舟千句附』(延宝8年刊)

がある[1]。これは『徒然草』299段を踏まえたもので、「くノ一」は清少納言を指す[1]

 

くノ一の術

忍法書の『万川集海』巻八には「くノ一の術」が載っている[1]。これは男では潜入しにくい場合、代わりに女を潜入させるというものである[5][6]

また「くノ一の術」の次に載っている「隠蓑の術」は「くノ一」が木櫃を取り寄せるという口実を奥方に述べる事により、二重底の木櫃を使って人を潜入させる術である[5]

どちらも「女を使った術」という趣旨である[5]。これを女の忍びとみなすか[7]、女の忍びは存在しないとみなすか[5]は論者によって分かれる。

その他の俗説

作家の戸部新十郎は、実際の語源は陰陽道における房術を指す「九一ノ道」が本義であり、「九」の字がたまたま、平仮名の「く」の字と同じ発音のうえ、「一」と合すれば、ともに「女」となることから「くノ一」というふうになったとする「九一ノ道説」を主張している[8]

   

大変お待たせ致しました!

ムフフな画像は次のページに大量に用意させて頂きましたm(_ _)m

最後のページに過去未公開の超お宝画像を用意させて頂きましたので

最後までごゆっくりお楽しみ下さい!

↓↓  画像の続きはこちらから ↓↓