【マジか…】専門家「一人で”ぴゅっ”しまくってる男は…こうなる…」

今年のネタ, 可愛い, 芸能, 話題のニュース, 面白ネタ2chまとめ, アイドル, ライフスタイル, 中村静香, 可愛い女子, 筧美和子

男の1人で「ぴゅっ」は体に良い?悪い?…

全男性が気になる研究結果を

次のページより掲載しております。

本当かよ?という気持ちでお気軽にお楽しみ下さいm(_ _)m

 

 

テストステロン

 

 
 
テストステロン
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 58-22-0
KEGG D00075
特性
化学式 C19H28O2
モル質量 288.42
外観 固体結晶
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧(100 kPa) におけるものである。

テストステロン(testosterone)は、アンドロゲンに属するステロイドホルモンで、男性ホルモンの一種。

 

生成・分泌

哺乳類のオスではコウ力゛ンで95%、副腎で5%、メスではランソウや副腎から男性の5-10%程度ながら分泌される。

作用

  • 筋肉増大。
  • 骨格の発達。
  • 女性の男性ホルモン分泌の分泌量は前述通り男性の5-10%程度で、インモウの発毛に関与する。

セイホルモンとしての作用

胎生期、二ンシン6週目から24週目にかけて大量のテストステロンが分泌される時期があり、これにさらされること(アンドロゲン・シャワーと呼ばれる)によって、脳は女性的特徴(ホルモン分泌の周期性)を失う。なお、男性外セイショク器の形成に関係するのは、5αリダクターゼにより、代謝されたジヒドロテストステロン(DHT)によるもの。

思春期以降の男性ではコウ力゛ンからの分泌が顕著に増加し、男性的な身体の特徴が形作られる(二次性徴)。

 

一般に30歳ごろから減少しはじめ、年1-2%の割合で減少する。テストステロンの減少は男性更年期と呼ばれるが、女性の更年期ほどには急激にホルモン分泌は変化せず、身体や精神に与える影響も個人差が大きい。ストレスなどで急激な減少を起こすと、男性更年期障害を起こす。テストステロンの減少率は個人差が大きく、70代になっても、30代の平均値に匹敵するテストステロン値を維持している男性も多い。20代から40代でテストステロンが低い場合は、2型糖尿病、メタボリック症候群のリスクが増大すると報告されている[1]

 

大変お待たせ致しましたm(_ _)m

全男性必読の研究結果は次のページより掲載しております!

ぜひごゆっくりお楽しみ下さいm(_ _)m

↓↓  記事の続きはこちらから ↓↓