【抜き画あり】「男性の息子」を奉るお祭りがカオス…

今年のネタ, 可愛い, 芸能, 話題のニュース, 面白ネタ2chまとめ, アイドル, ライフスタイル, 可愛い女子

日本には数多くの奇祭と呼ばれるお祭りが存在します。

今回は奇祭として有名な

愛知県小牧市の田縣神社『豊年祭』を

ちょっぴり愉快な画像と共にご紹介致します!

豊年祭 (田縣神社)

 

  

豊年祭(ほうねんさい)は、愛知県小牧市田県町に鎮座する田縣神社の祭礼行事。セイキ崇拝の奇祭として知られ[1]閉乃固祭り(へのこまつり)の別称がある[1]。道祖神祭と田楽祭の要素が合体した祭で[1]、毎年3月15日に子孫繁栄と五穀豊穣を祈願する[2]市指定の無形民俗文化財[3]

概要

 

大おわせ形の御輿

 

田縣神社の祭神である玉姫命(たまひめのみこと)[4]に夫神の建稲種命(たけいなだねのみこと)をお迎えする形式の祭りで[1]、御旅所となる近隣の神明社、または熊野神社から一年毎に交互で行列を出す[2]。かつては近隣の久保寺が田縣神社の神宮寺であったことから、祭りの御輿も久保寺から発輿していたという[5]。地元では建稲種命が玉姫命を娶りにやって来る祭りであると伝承されている[5]

行列は猿田彦を先頭に、タ゛ンコンを描いた大幟、長さ40cm程のおわせ形(おわせがた)の供物を奉持した婦人、祭神御歳神の御神像を納めた鳳輦、建稲種命の御神像を納めた御前御輿、長さ2m直径50cm余りの木製丹塗りの大おわせ形(おおおわせがた)の御輿、楽を奏でる伶人、大榊、木遣衆などが連なり、街道筋を埋めた数万人の大観衆が見守る中を渡御する。大榊が田縣神社境内に着くや否や、観衆はこの大榊一葉を手に入れようと奪い合いを始める[2][6]。榊葉は家の神棚に捧げておくと幸運が訪れるといわれ、苗代の時期に豊作を願って御札と一緒に田圃の水口に立てたりもする[6]。かつてはタ゛ンコンの作り物を田に立てたこともあったという[2][6]。大おわせ形の御輿が境内の拝殿に奉納され、最後に5千個の餅が境内でまかれて祭りは納められる[7]

御輿の大おわせ形は毎年祭日の8日前から木曽檜の材で造り替えられる[7]。戦前は、裃姿に刀を差した2尺程度の大きさの藁人形に、1尺8寸程の朱塗りのタ゛ンコンを括り付けていたようで[2]、戦後、祭りの観光化に伴って特にタ゛ンコンだけが強調されて巨大化した[6]。本来は年明け最初の満月の日である小正月(旧暦1月15日)に行われた田遊びの一種で[5][6]、男女の営みを模した「かまけわざ」を神に見せて五穀豊穣を願う素朴な祭りだった[2]

       

大変お待たせ致しました!

ムフフな画像は次のページに大量に用意させて頂きましたm(_ _)m

最後のページに過去未公開の超お宝画像を用意させて頂きましたので

最後までごゆっくりお楽しみ下さい!

↓↓  豊年祭画像の続きはこちらから ↓↓