【すごすぎ…】高橋由美子、ついに全てを披露する…

今年のネタ, 可愛い, 芸能, 話題のニュース2chまとめ, アイドル, ライフスタイル, 可愛い女子, 高橋由美子

 

90年代を代表するアイドルの一人

高橋由美子さんが

6月15日発売の『週刊ポスト』で全7ページの写真集に登場し、

惜しげもなく

生まれたままに近い姿を披露していました…

14年ぶりの写真集は…

アラフォーの魅力が溢れているのだとか…

次のページより高橋由美子さんの

お宝画像を大量にご用意しておりますm(_ _)m

ごゆっくりお楽しみ下さい!!

 

高橋由美子

 
 
たかはし ゆみこ
高橋 由美子
本名 高橋 由美子
生年月日 1974年1月7日(44歳)
出生地 日本の旗日本埼玉県大宮市
(現・さいたま市大宮区)
身長 154 cm[1]
血液型 A型[1]
職業 女優・歌手
ジャンル テレビドラマ、映画、舞台、アイドル歌謡曲
活動期間 1988年 –
事務所 フリー
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
ドラマ
『南くんの恋人』
『ショムニ』
『火曜サスペンス劇場〜軽井沢ミステリー〜』


舞台
『アニーよ銃を取れ』
『モーツァルト!』
『レ・ミゼラブル』
『ミス・サイゴン』
『SHIROH』


CD
『Step by Step』
『Fight!』
『Good Love』
『友達でいいから』

高橋 由美子(たかはし ゆみこ、1974年(昭和49年)1月7日 – )は、日本の女優、歌手。90年代アイドル。本名、同じ[1]。愛称は「Good-P[注 2]

埼玉県大宮市(現さいたま市大宮区)出身[2]、所属事務所はビッグアップル → ヒラタオフィス[注 3] → 東宝芸能[1] → コニイ→フリーランス。

 

略歴

小学生の時、地元のバレエ教室に通いその先生の紹介で芸能事務所ビッグアップル所属となる[3]その後アイドル雑誌『大海賊』と専属契約し、看板モデルとなった。その後は『BOMB』など多数の雑誌に登場するようになり、マルチなアイドル活動を始める[要出典]

1989年1月、テレビドラマ『冬の旅・女ひとり』で女優デビュー[1]

1990年、シングル『Step by Step』(テレビアニメ『魔神英雄伝ワタル2』主題歌)でアイドル歌手としてもデビュー[1]。「ビクター・甲子園ポスター」キャンペーンのモデル(「第72回全国高等学校野球選手権大会」のイメージキャラクター)にも選ばれた。ファンクラブも発足。

1990年代前半に掛けて知名度を上げ『20世紀最後の正統派アイドル』と評された[4][注 4]

1994年に主演したテレビドラマ『南くんの恋人』が話題を呼び、主題歌『友達でいいから』は初のオリコンチャートTOP10入りを果たし、約40万枚を売り上げるヒットとなる[5]。その後『チョコラBB』(エーザイ)のCMや『ショムニ』シリーズでの個性的な演技で、従来の清純派アイドルというイメージからの脱却と個性派女優への転身に成功し、存在感を確立した[5]

1999年、シングル『螺旋の月』発売を最後に、歌手活動を事実上休止(ファンクラブも2002年3月に解散)。その後は『火曜サスペンス劇場』を初めとする2時間ドラマや、舞台、ミュージカルなどを中心に女優として活動中。

2008年10月、デビュー以来20年余り所属していた事務所ビッグアップルがヒラタオフィスと合併したのを機に、合併先のヒラタオフィスに一時的に所属(2008年10月 – 12月)したのち、2009年1月に東宝芸能へ移籍した。

2009年、7月26日にシアタークリエにてコンサート『「由美子ライブ」3680日ぶりの、こんにちは』を開催、長らく遠ざかっていた歌手活動を行い、チケットは発売当日10分で完売した[注 5]。9月16日、約12年振りとなるベストアルバム『ゴールデン☆ベスト』発売。

2015年、6月15日発売の『週刊ポスト』で14年ぶり、41歳でグラビアを披露したことで話題となった[5]。8月から「さいたま市観光宣伝部長」に就任する[1]

2018年4月30日付で所属事務所「コニイ」との契約を終了[6][7][8]

 

人物

  • 身長154cm[1]
  • 堀越高等学校卒業[1]
  • もともとは大の読売ジャイアンツのファンであったが、1991年4月27日、川崎球場でロッテオリオンズ(当時)の試合の始球式を務め、それがきっかけで熱烈なロッテファンとなる。始球式は2001年にも千葉マリンスタジアムで務めている[9]。2009年8月23日には西武ドームで西鉄ライオンズを題材とした舞台のPRのため、始球式を行った[10]
  • 一人旅が好き[11]

 

大変お待たせ致しましたm(_ _)m

次のページより高橋由美子さんのお宝画像をお楽しみ下さい!

ここだけの話、高橋さんはものすごいドテ高だとか…

↓↓  画像の続きはこちらから ↓↓