×

 

【いいね…】吉岡里帆「小さいですが、見て下さい」と写真集を発売した結果…(画像あり)

今年のネタ, 可愛い, 芸能, 話題のニュース2chまとめ, アイドル, ライフスタイル, 可愛い女子, 吉岡里帆

吉岡里帆さんの最新写真集が「あまりにもダイタンすぎる」を話題に…

肝心の内容ですが、確かに、こんなに見せても良いのか?というのが

本音です…。吉岡里帆さん本人は全て納得の上で

撮影に挑んでるのでしょうか?何か弱みでも握られているような

画像は次のページに大量に掲載しておりますので、

ごゆっくりお楽しみ下さいm(_ _)m

 

 

吉岡 里帆(よしおか りほ、1993年1月15日[1] – )は、日本の女優、グラビアタレント。 京都府[1]京都市右京区出身[2][3]。エーチーム所属[1]

略歴

京都の太秦に生まれ、映像会社を経営するカメラマンの父や母・祖母の影響を受けて、幼少時より映画や演劇、歌舞伎、能、日本舞踊、落語などさまざまな芸術文化に親しみながら育つ[4][5][6][7]。高校3年の時に小劇場の舞台『銀ちゃんが逝く』(つかこうへい作)を見てそれまでに味わったことのない感動を体験[8][9]。独学で芝居の勉強を始めると、高校3年から俳優養成所に通い始め、学生制作の自主映画にも参加する[4][10]

 

2012年末よりエーチームに所属し[5]、2013年より女優として活動を開始[14]。同年のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』や2015年公開の劇場アニメ『バケモノの子』など数々のテレビドラマ・映画のオーディションに挑戦するものの、最終審査まで進んで落選することが続く[15][16]。2014年7月発売の『週刊プレイボーイ』にて初めてグラビアに進出し[17]、同月23日に公式ブログを開設[18]。同年10月公開のチャットモンチー「いたちごっこ」のミュージックビデオに出演して注目を集め、翌2015年2月公開の『マンゴーと赤い車椅子』で映画デビュー。『踊る大捜査線』シリーズで知られる本広克行監督に抜擢され、同年3月公開の青春映画『幕が上がる』に出演。同年5月公開の映画『明烏』ではオーディションを経てヒロインに抜擢され[19][20]、福田雄一監督のもとドタバタ喜劇のはっちゃけたコメディエンヌを体当たりで全力で演じて、後に転機となったと語る作品となる[21][22]

 

 

人物・エピソード

身長は158cm、スリーサイズはB82cm、W60cm、H85cm[34]

特技は書道とアルトサックス[1]。書道は八段で、書道家を目指して大学に進学、バラエティ番組でその腕前を披露している[8][35]。映画『スウィングガールズ』に憧れて学生時代は吹奏楽部に所属し、アルトサックスを演奏していた[31]

趣味は猫と遊ぶこと、新派観劇[1]。生き物は何でも好きで[7]、なかでも自身のブログで「私は重度の猫依存症です」とつづる[36]ほどの無類の猫好き。家族揃って猫好きで[7]、京都の実家に猫5匹と犬1匹を飼っている[37][38]。新派については、「どこまでも大衆の心に入っていくところが魅力」と語っている[7]

大変お待たせ致しましたm(_ _)m

次のページより、

吉岡里帆ちゃんの禁断の画像を大量に公開させて頂きますので

ごゆっくりお楽しみ下さいm(_ _)m

まず、1枚目はご主人様のペットのように振る舞う

吉岡里帆ちゃんのです!

ティッシュをご用意の上、次のページへお進み下さいm(_ _)m