【いいね!】木村多江がドラマで顔面に白い液体をかけられる…

今年のネタ, 可愛い, 芸能, 話題のニュース2chまとめ, アイドル, グラビア, ライフスタイル, 木村多江

木村 多江(きむら たえ、1971年3月16日 – )は、日本の女優である。東京都出身[1]フリーを経て[要出典]、融合事務所に所属。

中学時代に演劇部に入部したが、この頃は演技するより舞台を見る方が楽しかったという。高校時代に樹木希林のドラマ『台所の聖女』を見て感動し、演技の道を志すようになった[要出典]。白百合学園高等学校を経て[2]、昭和音楽芸術学院ミュージカル科卒業[3]。大学在学中から『美少女戦士セーラームーン』に出演[3]するなど舞台女優として活動[4]。19歳より舞台に立っていたが、21歳の時には父親が急逝し、パン屋やホテルスタッフ、レストラン、コーヒーショップ、知育研究所など朝から晩まで様々なアルバイトを3つ掛け持ちして家計を支えた[4][5]。20代後半は働き過ぎで睡眠時間が1 – 2時間しかなかったという[6]

2005年6月26日[要出典]に広告代理店電通の社員と結婚し[7]、2007年8月に妊娠を発表。体調などを考え『大奥』を降板し[8]、主演ドラマ『上海タイフーン』は制作途中で無期延期となる[9]。2008年2月23日に第1子(長女)を出産[10]。出産後初の公の場となった主演映画『ぐるりのこと。』のプレミア試写会や、『上海タイフーン』の製作発表会見時に自らの妊娠による製作延期に触れ、謝罪した[11][12]

 

人物

特技はバレエ[1]、日本舞踊(師範)[1]玉乗り[要出典]

30歳の時に断食をして、病院から「硬いものと油もの(ピーナッツ)等は当面控えてください。」と言われたのにもかかわらずピーナッツを食べてしまい、救急車で救命に運ばれたが、たまたま対応した医師が『救命病棟24時』の監修者本人で、「山村紗江子(ドラマの役名)」の名で言われてドラマのスタッフの耳に伝わったというエピソードがある[17]

 

木村多江のベッドシーンが

正直、色っぽすぎる…

本当に演技なんでしょうかね?(笑)

↓↓ 続きはこちらから ↓↓