【いいね!】目の前の女の子、シャツがすごい…

今年のネタ, 芸能, 話題のニュース

お兄様方が求めている画像は

次のページから大量に掲載しております^^b

ぜひごゆっくりお過ごし下さいませm(_ _)m 

 
シャツフェチの方、多いですよね!
まず、シャツという言葉の起源とは…
 
 

シャツ(英: shirt襯衣(しんい))とは、上半身の体幹部に着用する衣服の一種であり、肌着(襯)として着用するもの(例:Tシャツ)と、肌着の上に着用する中衣又は上着として使用するものがある[1]。英語のshirtの語源は、古ゲルマン語のskurtaz(短く切る)である。丈が腰あたりまでしかない短めの衣類がこのように呼ばれており、skurtaz→scyrte(古英語)→shirte(中英語)→shirtと変化した。

  • 正統的なフォーマルなシャツには、ワイシャツ(カッターシャツ・ドレスシャツ)・ブラウス(女性が着用するシャツ)等がある。
  • カジュアルでファッション性の高いシャツには、ボタンダウンシャツ・ポロシャツ・ネルシャツ・パターンドシャツ・ボディーシャツ(身体に密着するシャツ)・シースルーシャツ・スウェットシャツ・スモックシャツ・クレリック・シャツ・タートルシャツ・カラーシャツ等がある。

  • 作業着として着用されるシャツには、ワークシャツ(作業用シャツの総称)・ファーマーシャツ(農夫向けシャツ)・ランバージャックシャツ(木材伐採向けシャツ)・ダンガリーシャツ(紺と白の綾織りの綿シャツ)等がある。
  • スポーツ・レジャー用として着用されるシャツには、スポーツシャツ・レジャーシャツ・フィッシングシャツ・アスレティックシャツ・アスコットシャツ・トレーニングシャツ等がある。
  • 民族的な色彩の濃いシャツには、アロハシャツ(ハワイアンシャツ)・バロンタガログ(フィリピンの正装シャツ)・カーターシャツ(北部インドのシャツ)・ダシキシャツ(アフリカ民族風のシャツ)等がある。

  • 肌着として着用するシャツには、Tシャツ・丸首シャツ・ランニングシャツ・タンクトップ・アンダーシャツ

この他、Y首・U首・V首・ハイネック・ヘンリーネック・キーネック・ボートネックなどの種類がある。

  • 田中千代 『田中千代 服飾辞典』新増補第2刷、同文書院、1982年3月

 

大変お待たせ致しました!

誰もが一度は体験したい、

パツパツのシャツからボタンが飛んでくる

シチュエーション。

今にも飛んできそうなシャツの女の子はこちらですm(_ _)m

ボリューミーなカラダが可愛いですね^3^

↓↓続きはこちらから↓↓