【画像あり】ボンキュッボンな女子がバレーボール日本代表に選ばれる…

今年の事件, 可愛い, 面白ネタ2chまとめ, 可愛い女子, 女子バレー, 女子バレー 可愛い, 女子バレー 日本代表, 女子バレー 選手, 美人

ロケットホ゛インの女子日本代表の画像は

次のページに御座います!

ぜひ、ごゆっくりご覧下さいませm(_ _)m

 

バレーボール全日本女子(バレーボールぜんにほんじょし)は、国際大会で編成される日本の女子バレーボールナショナルチーム。

日本バレーボール協会での正式名称は、全日本女子バレーボールチーム。日本国内では、全日本女子全日本と単に略称する場合もある。

プレイスタイル

ユニチカ以来の守備力重視のバレーを継承している。1996年のアトランタオリンピック後は高さ重視のバレーで戦っていたが、主力選手の度重なる怪我により再度守備力重視のバレーに方針を転換した。現在は守備力とスピードを重視した、いわゆる「3Dバレー」を行っている。

「IDバレー」を掲げる眞鍋政義監督は、分業制で複数のコーチを起用。2011年には、トスから0.8秒でサイド攻撃のスパイク(従来は1.1秒ほど)という男子並みの「高速バレー」にも挑戦した

呼称について

かつては競技スポーツ全般において、日本のナショナルチームを「全日本」と呼ぶことが通例であったが、現在では他の競技ではこの呼称は使われなくなってきており、バレーボールに関しても報道機関によっては「日本代表」と呼称している場合がある。しかしながら、日本バレーボール協会では、一貫して「全日本」「全日本チーム」という呼称を使用している。

日本バレーボール協会は、「監督名+ジャパン」のような(例: 「柳本ジャパン」)メディアからの番組放送上の呼称発信ではなく、協会が自らキャッチフレーズを提唱することを決定。2009年3月から4月、チームの愛称を公募した。2009年6月、一般公募の中から協会での選考の結果、チームの愛称を「火の鳥NIPPON」とすることを表明している。

ルール

6人制のルールは国際バレーボール連盟が、9人制のルールは日本バレーボール協会が定めている。ここでは6人制のルールについて記述する。日本では、小学生は1セット21点(3セットマッチ/3セット目は15点まで)で行われ、中高生は1セット25点(3セットマッチ/3セット目も25点まで)で行われている。

お待たせ致しました!
ロケットホ゛インの女子選手の画像は次のページに御座います^^b
 
 
↓↓続きはこちら↓↓