【抜ける】浜崎あゆみ(39)がミニスカ猫耳で工口ダンスするwww(画像あり)

今年のネタ, 芸能, 話題のニュース2chまとめ, アイドル, ライフスタイル, 可愛い女子, 浜崎あゆみ

eye

今年で引退する安室奈美恵ちゃんと違って、リベンジポルノネタまで晒されちゃったという、ネガティブなニュースばかりが出てしまう浜崎あゆみちゃんですが、何を血迷ったのか、「猫耳ミニスカツインテ姿」というおぞましい姿を晒しちゃいました。既に、売れ続ける路線を読み切れていないどころか、完璧に迷走中です。全盛期は人気があっただけに、晩年になってどこに向かっていったらいいのかわからず迷走している彼女が気の毒になってきました。

<動ナビ的イメージ画像>

1998年 – 2000年 歌手デビュー、女子高生のカリスマへ

1998年4月8日発売の1stシングル「poker face」で「浜崎あゆみ」としてデビュー。多くの化粧品会社、製菓メーカーなどとタイアップし、テレビ・雑誌などのメディアによる「浜崎あゆみ」への注目度が上がった。

1999年1月1日発売の1stアルバム『A Song for ××』でオリコンチャート1位を初獲得、約150万枚を売り上げた。同年4月14日発売の7thシングル「LOVE 〜Destiny〜 / LOVE 〜since1999〜」でシングル初のオリコンチャート1位を獲得する。同年8月11日発売の10thシングル「A」が初のミリオンセラーとなった。同年12月31日、『第50回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たす。この頃から女子高生を中心とした若者のカリスマ的存在となる。

2000年4月より初めてのコンサートツアーに挑むも、左耳の疾患(内耳性突発難聴)により一部の公演を延期した。16thシングル「SEASONS」で136万枚を超える大ヒットとなり、アルバムも3枚のミリオンセラーを記録した。同年11月、全日本有線放送大賞でグランプリを受賞した。以降、2001年と2002年のALL JAPANリクエストアワード、2003年のベストヒット歌謡祭でもグランプリを受賞し、4連覇を達成している。2000年12月13日発売の19thシングル「M」では、CREAとして初めて作曲を手掛け、ミリオンセラーを達成した。同年12月31日に、初のカウントダウンライブを開催。

 

↓↓続きはこちらから↓↓