レトルト食品「湯煎5分、レンジ2分やで」←これで湯煎選ぶ奴ってwwwwwww

トレンド, 話題のニュース, 面白ネタ2chまとめ, ボンカレー, ライフスタイル

1: 2016/03/31(木) 15:57:11.74 ID:+aS9XmkYp.net
レンジ持ってない貧乏人なの?

レトルト食品(レトルトしょくひん)は、気密性及び遮光性を有する容器で密封し、加圧加熱殺菌した食品である。広義では缶詰も含まれ、食品業界では加圧加熱殺菌全般を指すが、一般には「レトルトパウチ食品」の略称として広く定着している。

e

定義
日本では「レトルトパウチ食品品質表示基準」(平成12年12月19日農林水産省告示第1680号)によって、「レトルトパウチ食品」について「プラスチックフィルム若しくは金属はく又はこれらを多層に合わせたものを袋状その他の形に成形した容器(気密性及び遮光性を有するものに限る。)に調製した食品を詰め、熱溶融により密封し、加圧加熱殺菌したもの」と定義されている。

調理方法
従来のレトルトパウチ食品における調理は、湯煎(沸騰した湯に数分程度浸して加温する)を用いるか、内容物を食器に移し替え、電子レンジで加熱する方法が一般的な調理方法(無論、内容物を取り出し、フライパンや鍋などで温める方法もある)として記載されている。特に包装材にアルミニウムが使用されているものは、袋のまま電子レンジを使用することはできない。

しかし、近年は電子レンジに対応したレトルトパウチ食品が一般化している。包装材にアルミニウムなど金属類を使用せず、袋内で発生した水蒸気を抜き取る蒸気抜き機構を持ち、耐熱性、保存性に優れた特殊フィルム素材が開発されたことで実現した。また、保存期間の短さがネックになっていたが、1年以上保存が可能な商品も開発されている。

wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%e3%83%ac%e3%83%88%e3%83%ab%e3%83%88%e9%a3%9f%e5%93%81

なんで湯煎を選ぶの?wwww
続きは【次のページ】へ↓↓