【画あり】12歳から6年2190日、毎日チカソに遭い続けた日本人女性、顔出しで本を出す!

今年のネタ, 話題のニュース, 面白ネタ2chまとめ, びっくりニュース, 事件・事故, 佐々木くみ, 痴漢

「山手線で6年間、痴漢に遭い続けた私の#MeToo」|日本人女性がフランスで“チカン”本を出版し、現地で大反響を呼んでいる

パリ在住の日本人女性が2017年秋にフランスで上梓した小説『TCHIKAN(痴漢)』が現地で話題になっている。著者の佐々木くみが中学と高校時代を過ごした日本で被害に遭った、実際の「痴漢体験」に基づく物語だ。

ある意味、日本特有の性犯罪ともいえる痴漢行為に、フランスのメディアや読者は大きな関心を示し、反響を呼んでいる。フランス人は同書をどのように受け止めたのか、佐々木はなぜいま被害を訴えようと思ったのか、そして欧米に比べて日本では「#MeToo」の声を上げにくい理由とは──。


no title

no title

no title

痴漢(ちかん)とは、公共の場所で相手に羞恥心を抱かせ、不安にさせる行為を行う者もしくは行為そのものをいう。日本独特の違法行為であり刑法に抵触する場合は少なく主に迷惑防止条例などで罰する。具体的定義が法的に存在しない。

00864_1292_a16394e0_69be6e26

痴漢は列車内で行われることが多いが、大きくは人気のない暗い夜道など被害者が対応をとりにくい環境で行なわれるものも含まれる。そのため”痴漢罪”のようなものは存在せず、主に地方公共団体ごとの迷惑防止条例と刑法第176条(強制わいせつ罪)が適用される。

実務上は迷惑防止条例の「正当な理由なく、人を著しく羞恥させ、又は人に不安を覚えさせるような行為として、公共の場所又は公共の乗物において、衣服その他の身に着ける物の上から又は直接に人の身体に触れること」に対する刑事罰が適応される場合が多い。
なお、迷惑防止条例は施行当初は痴漢等の保護対象が女性のみに限定されていたが、男性も被害にあうことが考えられることから、1999年に鹿児島県が性別を限定しない迷惑防止条例を施行すると、2001年に東京都が「女性」にあたる部分を「人」に改正・施行したのを皮切りに、順次各都道府県で改正迷惑防止条例が施行され、2014年4月1日に岡山県が改正迷惑防止条例を施行したことで、全都道府県の迷惑防止条例が保護対象となる性別を限定しなくなった。
その他にも行為の種類や程度によって、軽犯罪法第1条第5号(公共の場所や公共交通機関で著しく粗野な言動により公衆に迷惑をかける行為)、わいせつ物頒布罪、公然わいせつ罪、暴行罪、鉄道事業者への威力業務妨害などにより処罰される。

wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%e7%97%b4%e6%bc%a2

 

本当に痴漢だったのだろうか?

続きは【次のページ】へ↓↓